スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

粟餅処 澤屋

北野天満宮の前にある澤屋さんで、初めて粟餅に出会いました。
そして、お餅好きのわたしはすっかり感動してしまいました。
普通の米の餅と一番違うのが、柔らかさだと思います。
もちっとした弾力はちゃんとあるんだけど、粘っとしてなくて
何回か噛むと、ふわぁっと溶ける感じ。
そして粟のほんわかした甘さが口の中に広がります。
自家製のきな粉と餡は甘さ控えで、粟の味がしっかり分かります。
なんと澤屋さんは、江戸時代から三百年以上も続く老舗です!
メニューは粟餅だけ。
家族経営で、ご主人にお話しを聞いていると
粟餅やお店に対するふかーい愛情が伝わってきます。
ほんと、これでおいしくないワケがないって感じです。
けっこうボリュームがあって510円なのもうれしいです。
sawaya

スポンサーサイト

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2005/05/30(月) 15:40:03|
  2. 京都甘味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麩まんじゅう対決

麩まんじゅうは大好きなお菓子です。
麩と餡の組み合わせにロマンさえ感じます。
見た目はツルツルとみずみずしく、触るとふんわりと柔らかい。
お餅とは違う、シコシコとした独特の食感がたまりません。
おいしくない麩まんじゅうほどガッカリさせられるものはないです、ほんと。
わたしのオススメは麩嘉と麩籐。両方生麩の老舗です。
麩嘉(写真・1個200円)は、青海苔の麩に、甘さ超控えめのこし餡、
麩籐(5個900円・若干小ぶり)は、よもぎの麩に、
けっこう甘さのあるこし餡が入っています。
麩嘉はあっさりとしているので、何個でも食べられます。
麩籐は、2、3個食べるとすごい満足感が得られます。
こちらの対決は甲乙付けがたいので引き分けです。
fuka

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2005/05/25(水) 01:12:39|
  2. 京都甘味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美玉屋の黒蜜だんご

下鴨にある和菓子店「美玉屋」さんの一番人気の商品です。
小さめの団子にとろとろの黒みつが絡んで、
きな粉がたーっぷりかかっています。
黒みつときな粉の組み合わせはシンプルですが、ほんとおいしいです。
美玉屋さんは、一日に何回も作るので、ほとんど出来立てのものが買えます。
やっぱり出来立てが一番! 時間が経つとおだんごの味が落ちちゃいます。
それから、美玉屋さんのお餅は、グラニュー糖でも上白糖でもなく
ザラ目砂糖を使っています。ザラ目はアクがなくて上品な甘さが特徴で
これがおいしさの秘密なんだそうです。
10本入りで900円ほどです。mitamaya.jpg

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2005/05/10(火) 01:07:33|
  2. 京都甘味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。