スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

王者の貫禄

W杯、結果は残念だったけど、楽しませてもらいました。
先制ゴールがきまったときは、ホント感動した~

朝の4時から、どれぐらいの人が見たんだろう。
わたしも頑張ろうと思ってたけど、結局は録画で見ました。
リアルタイムで見られないのって楽しみが半減するけど、
「試合はこれから始まる!」って思い込むんだと自分に言い聞かせて
(ほとんど意味ないけど(笑)。
で、観戦に入るまで、一切のメディアと人をシャットアウトしました。

前半は超興奮しました。もしかしてミラクルが!?って。
でも、後半は大人と子供が試合しているようで
なんだか痛々しくって見てられませんでした。
ブラジルの選手が蹴鞠で遊んでるようにさえ見えてきて。
ブラジルのサッカーはすごいですね。
選手の動きも、ボールの流れもキレイだな~と思いました。
これが王者のサッカーか~。さすがです。

日本国民も悔しい思いをしたけれど、
誇りを守れなかった選手たちが一番悔しいんだろうと思う。

楽しませてくれた選手のみなさんに感謝します。
そして4年後のW杯に期待!
スポンサーサイト
  1. 2006/06/24(土) 02:22:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日本の色

この間、仕事に必要だったので日本の伝統色について
調べてたんですけど、なんと日本には3千色もの色が
あると知ってビックリしました。
微妙な違いの色でも、ちゃんと名前があるんです。
紫苑、茄子紺、古代紫、桔梗、瑠璃、浅葱、露草、萌葱、
朽葉、紅梅、蘇芳、桜、鴇、緋……
色名が風流で、見ているだけでおもしろい。
むかしの日本人の感性に感動しました。
そういえば小学生の頃、36色の色鉛筆を買ってもらって
すごく嬉しかったなー。やまぶき色とかふじ色とかぐんじょう色とか
12色入りには入っていない色をすごく大切に使っていた記憶が…

ちなみに、いま日本の色といえばサムライブルーですね。
調べてみたら、あの青は日本の色にはなくて、
英語でミディアムブルーでした。
「侍青」が色の辞典に新しく載るぐらい、
ブラジル戦でのミラクルを信じたいところです。
  1. 2006/06/20(火) 00:29:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

エビに刺された

「ママ、見て!エビに刺されたん。。」と、
最近、リヒがよく言います。
「蚊に刺された」→「「カニに刺された」→「エビに刺された」。
こういう思考回路のようです(笑)。

土曜日、ローカルな京福電車に乗って
北野天満宮前の「とようけ茶屋」へ行ってきました。
お昼時に通るといつも行列ができているので、
待ち時間を避けて2時過ぎに行くと、すぐに座れました。
わたしが頼んだのは、前々から一度食べたかった「生麩丼」。
ちょっと甘めの醤油タレが、
やわらかくてシコシコとした独特の弾力がある生麩によく合って、
めちゃめちゃおいしーい!
U君とリヒは「衣笠丼」と「冷やしうどん」を頼んだのですが、
ふたりとも「生麩丼」が気に入ってしまい、
結局思う存分食べられなかったので、近いうちにまた行きたいよー。
とようけ茶屋は老舗の豆腐屋さんで、1階に店舗があります。
最近いろんな豆腐や豆乳のデザートがありますが、
ここの社長さんが草分け的存在だとか。

そのあと北野天満宮へ寄り道。
リヒは、ハトやすずめを追いかけて楽しんでました。
ちょっと立ち寄った寺社で時間を過ごすとき、
京都に住んでいることの幸せを感じたりします。
  1. 2006/06/12(月) 00:47:20|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

月の地主になる

友達がダンナさんから、誕生日のプレゼントに
月の土地を贈られたという話を聞いて、
そんなものが買えることを知らなかったわたしは興奮。
さっそく、父親の誕生日と母の日のプレゼントを兼ねて
両親にプレゼントしました。母親からお礼の連絡がありましたが、
父からは特に言葉はありませんでした。
が、父は、星や宇宙が好きで、わたしも小さい頃から
大きな天体望遠鏡で星を見せてもらったりしましたし、
実家のトイレにはいつも「ニュートン」などの雑誌が
山積みされているので、嬉しくないわけはないはず。

我が家では近日、車を購入するのですが
その資金援助の申し出があったのは、
そのプレゼントが功を奏したのかもしれません(笑)。

販売しているのはルナ・エンバシーという会社で
ちゃんと国連などに申請しているのだそうです。
月の土地に関する法律に関しては、1967年に定められた
宇宙条約というものがあるのですが
その条約では、国家の所有を禁止しているだけで
個人の所有については言及されていなかったとか。

1エーカーが2700円で買えました。
月に家を建てるなんて想像するだけでワクワク。
一般人にとっては百何十億もする宇宙旅行よりも現実的かも。
あ、でもどこかの星でもすでに月の土地が販売されていて
実際家を建てる頃には、宇宙人との裁判沙汰が増えたりして……
いろいろと楽しい想像がふくらみます。
夢のある月の土地のプレゼント、おすすめです。
  1. 2006/06/06(火) 23:16:01|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。