スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恐るべし海外ドラマ

ミナミの帝王をハイスペースで見続けて
飽きてきた感があったので、世間から遅れること約2年、
「そうだ、24を見よう!」
と思い立ったのが、多分10日ぐらい前。

日々忙しくて、時間的にも気持ち的にも
あまり余裕のない生活をしてると、
本来好きな映画を観る心持ちになかなかならなくて、
(わたしは映画でも漫画でも、その作品にどっぷり浸かって
しまうので、しばらくその世界から出てこれなくなる傾向アリ)
そこで、寝る前にテレビを見るような感覚で単純に楽しめる
娯楽映画を選んだ「つもり」だったのです。
でも帝王感覚で24を見始めると、生活が一気に暗転しました。
睡眠不足になるし、毎晩夢で暗殺者に追われるし、
結局ずっと続きが気になってるし、ブログ書く時間もないし

もう見たくないけど、でも「12本見終えたらすっきりする」と信じて
毎晩ジャックのことを見守ってきたの。
まるで彼氏に遊ばれてるってわかっているのに
「いつか改心してくれる」と期待して別れられない女の子みたいに。
なのになのに、見事に裏切られてしまいました。
昨日シーズンⅠの最終話を見ましたが、
残された謎はそれまで以上。納得いかなーーい。
あまりにも悔しいから、シーズンⅡを見るかは未定。
もし見るなら、1週間仕事を入れずに見続けたいです。

海外ドラマって、怖いですね。
24はDVDだったからまだよかったけど、
これが夜中放送のCSとかだったら、と思うと背筋が寒くなります。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/27(水) 00:45:44|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ボケの帝王

子供はボケの天才です。
今日もU君と公園から帰ってきたリヒを出迎えると
玄関に入るなり、いきなりズボンとパンツを下ろしました。
「リヒどうしたん!?」(おしっこか!?とひるむわたし)
リヒ、下半身丸出し状態で数秒考えたあと、はにかみ笑い。
どうやらズックとズボンを間違えたらしい。。

そしてとても純粋です。
今まで寝かしつけに1時間かかることもザラだったのですが、
「アンパンマンがパトロールに来るから、その前に寝ないと!」
の言葉が効いて、ここ数日は10分で寝てくれてます。
寝れば寝れるわけなんやね。

でも、何でも信じちゃう純粋な子供が、
酸いも甘いもいろんな経験を積んで、
この社会で正常に生きていくためのシタタカさズルさを
身につけていくのは必然だと思うけど、
その過程で、小さな心がどれだけ傷ついたり
落胆したりしないといけないんだろうと、
自分の子供時代を反芻しながら考えてみると、胸が痛むなぁ。
これが親心ってやつかしら。

ま、でも子供は残酷だともよく言われますよね。
この場合の残酷=正直で無知だということだと思います。
大人は多かれ少なかれ嘘をつかないと生きていけないもんね。
外で「ママ、あの人どうして○○なの?」みたいな質問を
大声でされて冷や汗が出ることが多い今日この頃です。

  1. 2006/09/07(木) 00:29:26|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。